物流知識~発送代行・軽貨物~

Category

New Article

daikou

代行業者

ネットショップなど、販売と配送の両方を行う業者の場合は…続きを読む

mail

メール便の登場

軽貨物とは、小規模~中規模貨物を指している。宅配物の場…続きを読む

Recommend Topics

身近に存在する物流

takuhaibin

日本では、宅配便などの軽貨物の配送サービスが普及している。
それ以外にも、業者や販売店を対象とした大量貨物を配送する業者も存在しており、それらは物流サービスと呼ばれている。
物流とは、物資が運ばれる(流れていく)様を表した言葉であり、常に動き続けることを意味している。

物流業界では生鮮食品から衣料品、医薬品など様々な商品が扱われている。
とくに生鮮食品や衣料品は賞味期限、使用期限が存在しているため早めに配送する必要がある。
そのため、時には発送代行業者に依頼し、作業を分担することもある。

一般家庭に近い物流サービスは、宅配便、宅急便、引越し業者である。
近年は、軽貨物の配送サービスを行う業者が引越しサービスを行うことも増えている。

企業の負担を軽減させる

ネットショップなどの経営も行う配送業者の場合は、仕事をさばききれないというケースも出てくる。
その場合は、発送代行業者に依頼して作業を分担させることが多い。

発送代行とは、文字通り発送業務を代わりに行う業者である。
ネットショップならば、商品の梱包から顧客への宅配までを引き受けるのが一般的である。
発送代行業者は、ひとつの企業として成り立っておりサービス内容も多岐にわたる。クール宅配便なども対応している業者が多い。

軽貨物と配送

軽貨物とは、小包、封筒、コンビニ規模の商品など小規模な貨物である。
個人ドライバーが配送を行うことも多い。この場合、普通自動車免許を所持していればドライバーとして働くことができる。
有名な個人の軽貨物配送ドライバーに赤帽がある。

宅配業者の中には、荷物と一緒に配達するメール便と呼ばれるサービスを提供していることもある。
メール便とは、宅配業者が貨物配送のついでに行う郵便物の配達であり、通常の郵便よりも安値で利用できるというメリットがある。
しかし、デメリットとして配達の際に起きた盗難や紛失などのアクシデントは顧客の自己責任というものがある。そのため、高価なものや貴重品はメール便ではなく、郵便で送ることが推奨されている。

配達の利便性

ribensei

宅配便は、宅急便と呼ばれることもある。
これは一部企業が独自に編み出した言葉なのだが、徐々にあらゆる宅配企業で用いられるようになった。

宅急便とは、即日もしくは一日で宅配を終える、一日のうちに大量の貨物を宅配することができるという意味を込めて考え出された言葉である。
その言葉のとおり、平成に入って宅配便はスピードを重視するようになっている。
また、住宅側も宅配ボックスを設置するなどして、不在の時でも再度配送を行う手間を省けるように配慮し、より宅配はスムーズになっている。

注目記事

mail

軽貨物とは、小規模~中規模貨物を指している。宅配物の場合は、3辺合計180センチ以下、重さは30キロまでのものを扱う。時にはスタッ…続きを読む

News Information

2013/10/15
代行業者を更新しました
2013/10/15
メール便の登場を更新しました
2014/01/10
引越しを更新しました
2014/01/28
飛行機を更新しました
2014/02/08
データ便を更新しました
Beauty Body

Copyright (C) 2013 物流知識~発送代行・軽貨物~ All Rights Reserved.